眉をとかすアイブロウブラシ(スクリュータイプ)は重要だった

アイブロウメイクのコツや綺麗に描く方法などをネットや美容雑誌などでチェックしていると「描く前にアイブロウブラシでとかして毛流れを整えましょう」的なアドバイスが書かれていることが多い。

それはそんなに重要なことなのかな?別にそのひと手間は飛ばしても変わらないんじゃないかな?と長年思って、ずーっとその部分はスルーしてきたのですが・・・

アイブロウブラシの重要性がわかった

しかし、美容雑誌の付録としてついてきたアイブロウブラシ(スクリュータイプ)をなにげに使ってみて思った。

本当だ・・・最初に毛流れを整えておくと、その後の描きやすさも、仕上がりも違う・・・!!!

アイブロウブラシ

写真ではわかりにくいかもしれませんが、整える前と後の画像を比較してみたいと思います。

右眉

向かって右側の眉毛。上が整える前(ビフォア)、下が整えた後(アフター)です。



↓ ↓ ↓



本当にわずかな違いではありますが、整えた後のほうが「これから描く眉のライン」をしっかりイメージできると思いませんか?整えない状態だとけっこう適当になりそうです。

左眉

向かって左側も見てみましょう。



↓ ↓ ↓



こちらも一目瞭然!どう考えても、整える前の乱れたラインのままで「描きながら整える」よりも、ブラシでサッととかしてから、キレイなラインの目安をつけて描くほうがいいですよね。

ちょっとした一手間で仕上がりが変わる

スクリューブラシでササッと毛流れを整えるだけ。本当にこれだけで最終的な眉メイクの仕上がりが変わってきます。

やっぱりなんでもそうですが、プロのアドバイス(それも何人もの人が同じことを言っている)は素直に聞いて取り入れたほうがいいですね。楽ちんに綺麗になる早道です。

眉毛脱毛をする前には、自分で形を決めて整えていくわけですが、そういうときも適当にやるんじゃなくて、こうやって丁寧にひと手間かけてラインを整えると、仕上がりにより満足できるのではないかなと思います!