「勘違いNG眉メイク」3選

by.S(バイ・エス)に、美眉アドバイザー玉村麻衣子さんのコラム『その眉マスカラも描き方もイケてない!? 永遠に垢抜けない…「勘違いNG眉メイク」3選』という記事が掲載されていました。
https://lulucos.jp/by-s/article/653169188469160348

気になるタイトル!と思い、早速チェック。記事の中の「勘違いNG眉メイク」をやっちゃていないか確認してみました。


その「勘違いNG眉メイク」とは・・・

NG1:眉色を均一にのせる
NG2:眉頭から描く
NG3:眉マスカラは「必須ではない」

という3つのメイク方法。


私は眉毛が濃いので眉マスカラは「必須」です。ブラウン系の眉マスカラで柔らかい雰囲気にすることで、ピンピン元気な真っ黒眉毛の印象がマイルドになります。NG3はOK。

そしてそう、これも眉毛が濃いからなのですが、眉頭から描くとかなり「濃い顔」になってしまうので、こちらも気をつけています。NG2もセーフ。


意外と盲点だったのがNG1。『立体感』は意識したことがなかったかも。

面倒なときはアイブロウペンシルでささーっと描いて、眉マスカラを全体に塗ってフィニッシュ。まぁ、のっぺり平面的ですよね。

眉全体に均一に色をのせると、ベタッと平面的に仕上がってしまいます。

コメント: 玉村麻衣子さん

画像のように、眉中をやや濃い目に仕上げると、立体的で素敵な眉になるのだそう。確かに、違う。




次にメイクするときには、アイブロウペンシルの他にパウダーなども使って、この『立体感』を意識して眉メイクを仕上げてみようと思いました。

みなさんはいかがでしたか?ぜひ一度チェックしてみてくださいね!